トップページ > IEEE1888 (FIAP)  > 1888 Ready Logo Program

1888 Ready Logo Program

1888 Ready Logo Programとは

1888 Ready Logo Program ロゴ
問題

IEEE1888搭載製品のIEEE1888による一定の相互接続品質を認証し、認証番号をロゴを発給することで IEEE1888の信頼性を示すとともにIEEE1888の普及を推進する

システムインテグレータやシステム調達者に様々な機能を有するIEEE1888搭載製品を自由に組み合わせてシステムを構築して頂く上で、参考となる認証製品リストを提供する

内容

IEEE1888プロトコル仕様適合性検査仕様に基づき、製品メーカーのセルフテストによる適合結果をGUTPが検証し、認証するプログラム

カテゴリ

ソフトウェア−システム or ミドルウェア

ハードウェア(アプライアンス)

ソフトウェア・ハードウェアともに用途表示:アプリケーション/ストレージ/GW/その他

1888 Readyロゴプログラムの申請手続き

1.IEEE1888プロトコル仕様適合性検査仕様_ver1.0のテストツールを入手
2.搭載されているIEEE1888対応機能より、テスト範囲を決める
3.テスト範囲に対しし、テストツールによるテスト結果がすべてOKとなるまでテストを重ねる
4.「1888 Readyロゴ認証申請フォーム」をダウンロードし、申請内容を記載する
5.すべて結果がOKとなったテスト結果を添えて、申請フォームを申請アドレスへ送付する
  申請アドレス:cert1888@gutp.jp
6.1888 Readyロゴ認証審査会(認証WG内)にてテスト結果を審議し、認証判断を行う
7.認証承認となった場合、審査会より結果の連絡と認証リストへの製品情報の掲載について連絡する
1888 Ready Logo Program ロゴ