東京大学グリーンICTプロジェクト

ACTIVITY活動紹介

スマート・インフラ検討WG

2020年度の主な活動

アフターコロナの社会、スマートインフラ構築について、議論、検討を進めた。

  • ポスト・コロナ 社会 に向けた 検討
    1.現状(【Before コロナ】)の整理
    2.コロナの教訓
    3.ポスト・コロナに向けて何をすべきか?
  • ポストコロナの社会
    ポストコロナの世界と日本 ─レジリエントで持続可能な社会に向けて
  • Withコロナ→ Afterコロナ
    ポストコロナの世界と日本
  • 【三菱総研】目指すべきポストコロナ社会への提言
    ─自律分散・協調による「レジリエントで持続可能な社会」の実現に向けて
  • スマートシティ・ワークプレイスイノベーション他、全体像について
  • MRI価値移転プラットフォームの特徴
  • スマートシティラボ
  • ユースケースで、スマート・ビジネスを創る
    ~ 「参加すると得をする」シナリオを設計 ~
  • 下水道インフラシステムの延命化・更生化の取り組み状況 上下水事業は再公営化?
  • スマートインフラ提言にむけて
  • 2025 大阪万博にむけて

2019年度の主な活動

  • 都市インフラの現状課題と将来あるべき姿の上下水道事業を例とした検討
    人口減少、過疎化地域が進む時代の都市インフラの中で最も負担が大きい上下水道の在り方
    新技術(ポリポロピレン製下水管)を活用した財務負担の軽減
    インフラの廃棄コスト問題
    など
  • COVID-19ソリューション「感染被疑者及び感染対策非協力者への対応