東京大学グリーンICTプロジェクト

ACTIVITY活動紹介

BIM基盤WG

Society5.0では、多様な業界で横断的なデータ連携なされるといわれている。建設においては、BIM(Building Information Modeling)の情報を計画・設計・施工・維持管理まで活用することが理想とされているが、連携のためのアーキテクチャ、プロトコル、メタデータが適切に定められていない。
BIM基盤WGでは、それらを検討するとともに、BIMを使った多様なアプリケーションの実装・運用を実践する。